レコード・コレクターズ2021年09月号「80年代ハード&ヘヴィ アルバム・ランキング100」の100動画を一挙紹介【1位はあのバンド!】

引き続き「レコード・コレクターズ」の企画第2弾です。

80年代に入ると、もう突然我々(?)のフィールドが広がっていて、馴染みのあるアルバムがバンバンランクインしています。

でそのランキングで紹介された全アルバムのフルアルバム動画をまとめて貼り付けました。

皆さんも「知ってはいるけど聴いた事はない」というアルバムが多数あるかと思いますので、これを機会にyoutubeのリンクを踏んでみてはいかがでしょうか。

ではお楽しみください。

100位:Wheel Of Steel / SAXON (1980)

Saxon – Wheels Of Steel (Full Album) 1980

099位:Blue Murder / BLUE MURDER (1989)

サーペンスアルバスでの一件で傷ついたサイクスが放った、ホワイトスネイクに対する、というかデヴィカヴァに対するアンサー・アルバムが本作。

トニー・フランクリン(Bs.)とカーマイン・アピス(Drs.)という超絶プレイヤーを獲得して素晴らしい作品を作るも、セ-ルス的にはそこそこだったみたいです。

Blue Murder

098位:How Will I Laugh Tomorrow When I Cant’ Even Smile Today / Suicidal Tendencies (1988)

Suicidal Tendencies – How Will I Laugh Tomorrow When I Can’T Even Smile Today

097位:Spreading The Disease / ANTHRAX (1985)

スラッシュ・メタルBIG4の一翼を担うバンドの2ndアルバムで、今でもLIVEの定番曲が多数収録された名盤です。

80年代の早い段階から、ハードコア・パンク、ラップ、等他ジャンルとのクロスオーバーを率先してきた彼等ですが、最初期の頃からその香りが感じられます。

邦題「狂気のスラッシュ感染」も絶妙でした。

Anthrax – Spreading The Disease (1985) [Full Album] HQ

096位:Metal Heart / ACCEPT (1985)

80年代のメタルを語る時に、まあ外せない存在でしょう、なんて書くとまだまだ現役バンドですからファン諸氏から怒られてしまうかもしれませんが、この頃の空気感なり存在感というのは、やはりこの頃にしかない独特のニオイを放っていたと、筆者は思います。

メタル・アンセムの表題曲ももちろん、アルバム全体を通して「男臭いメタル」が満載ですので、メタルを愛するリスナー諸氏は必聴盤として認識していただければと思う次第です。

男性コーラスの分厚いサウンドもイイですよ、ハーモニーじゃなくユニゾンですがその潔さがカッコいいのです。

Accept – Metal Heart (Full Album)

095位:No Rest For The Wicked / OZZY OSBOURNE (1988) 

オジーのソロ5作目で、ザックが初参戦したアルバムでした。

収録曲「MiracleMan」、「Crazy Babies」、「Breakin’All the Rules」のMVがそれぞれ作られ、セールス展開押せ押せでしたね。

人気曲の多い名盤です。

Ozzy Osbourne – No Rest for the Wicked (FULL ALBUM)

094位:Pretty Hate Machine / NINE INCH NAILS (1987)

Nine Inch Nails – Pretty Hate Machine (Full Album)

093位:Among The Living / ANTHRAX (1987)  

Anthrax – Among The Living (1987) [Full Album] HQ

092位:Powerslave / IRON MAIDEN (1984)

Iron Maiden – Powerslave (HD Full Album)

091位:Surfer Rosa / PIXIES (1988)

Pixies – Surfer Rosa (1988)

090位:Right Now / PUSSY GALORE (1987)

Pussy Galore – Right Now!

089位:Rage For Order / QUEENSRŸCH (1986)

Rage for Order (Full Album)

088位:Escape / JOURNNEY (1981)

J o u r n e y – Escape – 1981 /LP Album

087位:The Great Radio Controversy / TESLA (1989) 

Tesla – The Great Radio Controversy

086位:Let Love Rule / LENNY KRAVITZ (1989)

Let Love Rule Lenny Kravitz Album

085位:Ride The Lightning / METALLICA (1984) 

メタリカの最高傑作に、本作をピックアップするリスナーも少なくない、2ndアルバムです。

一曲目「ファイト・ファイア・ウィズ・ファイア」の疾走感とアレンジの独自性で、いきなり聴く者の度肝を抜いてくれる歴史的超名盤です。

その他も、彼等の音楽的アイデアの豊富さが感じられる様々な作風の楽曲満載で、いまだにLIVEでは定番曲の「クリーピング・デス」など、聴きどころだらけの為アッというまに1枚を聴き終えてしまう内容です。

Metallica – Ride The Lightning HQ (Full Album)

084位:Out Of The Cellar / RATT (1984)

Out Of The Cellar Full Album

083位:Kings Of Metal / MANOWAR (1988)

Manowar – Kings of Metal (full album)

082位:British Steel / JUDAS PRIEST (1980)

Judas Priest – British Steel (Full Album)

081位:Long Cold Winter / CINDERELLA (1988)

Cinderella-Long Cold Winter full album

次のページへ進む

2021年10月13日雑誌情報09月号,2021年,レコード・コレクターズ

Posted by tsuyoshi