HR/HMエッセイ,四方山話カホン,仙道さおり

打楽器の名前なんです。 カホン。 テレビなんかで、アコースティックのライヴのリズムパートとして見たことがある人もいるでしょうか。 一見単なるハコにしか見えないのですが箱の内部を覗くと打面の裏側にはスチール弦が張られており、丁度スネア・ドラムのスナッピーのような役割を果たしています。  アクセントと叩く位置によって様々なダイナミクスを表現出来る楽曲でして、見た目から想像する範囲を大きく飛び越えた音が ...